メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2016

ヘイトスピーチ 新法効果、行政・司法に

対策法が施行された3日、東京・霞が関の法務省にある七つの掲示板は計49枚の「ヘイトスピーチ許さない。」のポスター一色となった=2016年6月3日、鈴木一生撮影

 特定の人種や民族を地域社会から排斥することを扇動するヘイトスピーチの解消をうたった対策法が3日、施行された。ヘイトスピーチを伴う街宣活動(ヘイトデモ)について、川崎市内の在日コリアン集住地域での実施を禁じる司法判断が出るなど早くも新法の波及効果が出ているが、なお課題も残る。

厳しい対応、後押し

 対策法施行後、最初とみられるヘイトデモが5日に予定されていた川崎市。主催者側は道路で行進しようとしたが、デモに反対する数百人の市民らが取り囲むなど騒然とした雰囲気に包まれ、約10メートル進んだところで警察の説得を受け入れて中止となった。

 今回のデモを巡っては、横浜地裁川崎支部が2日、在日コリアンが多いエリアにある事務所から半径500メ…

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1919文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです