メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

農地改革 GHQ主導の断行評価

第2次改革案の概要を伝える1946年8月12日毎日新聞朝刊

 高い小作料のため万年貧乏の状態にあった小作農を解放し、戦後の民主主義改革で最も成功したといわれる「農地改革」。地主の農地を国が強制的に買い上げ小作農に分配した結果、自作農(自分が耕作する土地の9割以上を所有する農民)の比率は、1941年の31%から50年に61%へ上昇した。小作農はタダ同然の価格で農地を手に入れる一方、地主は没落した。

 改革はすんなり進んだわけではない。地主層の強い抵抗に遭い、45年の第1次改革、46年の第2次改革と2回の過程を経て実行に移された。

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです