メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

農地改革 GHQ主導の断行評価

第2次改革案の概要を伝える1946年8月12日毎日新聞朝刊

 高い小作料のため万年貧乏の状態にあった小作農を解放し、戦後の民主主義改革で最も成功したといわれる「農地改革」。地主の農地を国が強制的に買い上げ小作農に分配した結果、自作農(自分が耕作する土地の9割以上を所有する農民)の比率は、1941年の31%から50年に61%へ上昇した。小作農はタダ同然の価格で農地を手に入れる一方、地主は没落した。

 改革はすんなり進んだわけではない。地主層の強い抵抗に遭い、45年の第1次改革、46年の第2次改革と…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです