メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

マネー編 退職給付をどう生かす

約50人が参加した定年男子・定年女子のセミナーで講演する大江英樹さん=東京都千代田区で

 会社員などが退職時にもらえる退職給付。退職一時金や企業によっては年金もあり、リタイア後の生活資金の柱となる。だが、近年、支給額は減少。預貯金の金利もゼロに近い。どのように向き合えば良いか。

 ●金額も金利も減り

 厚生労働省の2012年の調査によると、勤続20年以上で45歳以上の人の平均退職給付額は、大卒1941万円、高卒の管理・事務・技術職1673万円。10年間で500万円前後減った。

 また、大手銀行の定期預金金利は0・01%しかなく、100万円預けても1年で100円の利子にしかなら…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです