メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小田実さん

「人間みなチョボチョボや」モニュメント除幕

「人間みなチョボチョボや」と刻まれたモニュメントと妻の玄さん=芦屋市のあしや喜楽苑で2016年6月5日午後1時36分、石川勝義撮影

 阪神大震災後の被災者支援運動などで知られ、2007年に亡くなった作家の小田実さんのモニュメントと文学碑の除幕式が5日、兵庫県芦屋市潮見町の特別養護老人ホーム「あしや喜楽苑」であった。

 モニュメントと文学碑は、妻の玄順恵(ヒョン・スンヒェ)さん(63)=西宮市=が、あしや喜楽苑に寄贈した。「人」の字をモチーフにしたモニュメントには人間の平等性を訴えた「人間みなチョボチョボや」という言葉が刻まれた。文学碑では著書10冊や、「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)の反戦…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです