熊本地震

初の仮設入居開始…やっとの「住まい」涙の人も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
荷物を仮設住宅に運び込む入居者=熊本県甲佐町で2016年6月5日午前11時57分、大西岳彦撮影
荷物を仮設住宅に運び込む入居者=熊本県甲佐町で2016年6月5日午前11時57分、大西岳彦撮影

 熊本県甲佐(こうさ)町で5日、仮設住宅への入居が始まった。熊本地震では、16市町村が2657戸分の仮設住宅の建設に着工しているが、入居は初めて。親族の家に身を寄せたり、避難所などで暮らしたりして、不自由な生活を送ってきた被災者たち。やっと手にした「住まい」に涙を流す人もいた。

 入居が始まったのは、甲佐町の町営白旗(しらはた)グラウンドに建てられた「白旗仮設団地」。90…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

注目の特集