メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米兵飲酒事故

「沖縄見下している」…哀悼期間、県民怒り

事故を起こした米軍嘉手納基地所属の海軍兵の車両=沖縄県嘉手納町の嘉手納署で2016年6月5日、川上珠実撮影

 在沖縄米軍が基地外での飲酒などを禁じる綱紀粛正策を発表してからわずか1週間。沖縄県で酒に酔って車を運転し、2人にけがをさせた米海軍兵が逮捕された。繰り返される米兵事件に、県民からは「沖縄を見下している」「日米地位協定を見直すしかない」と怒りの声が渦巻いた。【川上珠実、平川昌範】

 「うるま市の事件で沖縄全体が悲しみに暮れる中、言語道断だ」。逮捕されたアイメ・メヒア容疑者(21)が所属する嘉手納基地がある嘉手納町の當山(とうやま)宏町長は、同基地勤務の軍属の男が女性会社員の死体遺棄容疑で逮捕された事件に触れ、「基地外の飲酒が禁止されている中での飲酒運転で、いったいどうなっているのかとむなしささえ感じる。日米地位協定の抜本的見直ししかない」と憤った。

 嘉手納町は町面積の82%を米軍基地が占める。同町の会社員、徳里京子さん(42)も「綱紀粛正後も米兵の事件が繰り返されるのは今回が初めてじゃない。私たち沖縄のことを見下しているのではないかと思ってしまう。7歳の長男がいるので、また事件や事故が起こったらと思うと怖い」とため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです