舛添都知事

調査結果会見詳報(4) 「クレヨンしんちゃん」購入、不適切

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
政治資金の支出に関する調査について、都議会への説明に臨む舛添要一東京都知事(右端)=都庁で2016年6月6日午後3時15分、小川昌宏撮影
政治資金の支出に関する調査について、都議会への説明に臨む舛添要一東京都知事(右端)=都庁で2016年6月6日午後3時15分、小川昌宏撮影

佐々木弁護士による調査結果説明(つづき)

 2009年に購入した時代小説、ミステリー小説というのがあるが、具体的な書名は資料に記載してある通り。舛添氏は江戸時代の風俗研究のために時代小説を購入したとのことだったが、この説明に合理性がないとまでは言えないものの、娯楽性の強い小説であることから、政治資金を用いてこれらの小説を購入したことが、適切であったとは言い難い。もちろん違法ではない。

 2011年に福岡で購入した書籍の中に、「クレヨンしんちゃん」が含まれているが、舛添氏が従来マスコミ等でした説明を聞いても、これらの書籍が政治団体より舛添氏の蔵書目録には記載されておらず、11年10月8日から9日にかけての福岡県出張に家族を同伴させており、家族のために購入したものとみられても仕方ない。適切であったとは言えないが、違法ではない。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1296文字)

あわせて読みたい

ニュース特集