メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 クリントン氏、逆風越え 民主指名確実 「人間味」訴え奏功

立ち寄ったレストランで支持者と言葉を交わすヒラリー・クリントン氏(右)=カリフォルニア州で6日、ロイター

 【ワシントン会川晴之、ロサンゼルス長野宏美】米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで6日、指名を確実にしたと報じられたヒラリー・クリントン前国務長官(68)。抜群の知名度と政治的経験を誇りながら、社会改革を訴えるバーニー・サンダース上院議員(74)に思わぬ苦戦を強いられてきた。事実上の最終決戦となる7日の西部カリフォルニア州など6州の予備選・党員集会を前に、辛くもライバルを振り切った形だ。

 クリントン氏は、ビル・クリントン元大統領の夫人で、上院議員を経て2008年大統領選に立候補した。民…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです