メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 クリントン氏指名確実 「格差是正」逆風に耐え 地元NY州での勝利が転機に

 【ワシントン会川晴之、ロサンゼルス長野宏美】米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで6日、指名を確実にしたと報じられたヒラリー・クリントン前国務長官(68)。抜群の知名度と政治的経験を誇りながら、社会改革を訴えるバーニー・サンダース上院議員(74)に思わぬ苦戦を強いられてきた。事実上の最終決戦となる7日の西部カリフォルニア州など6州の予備選・党員集会を前に、辛くもライバルを振り切った形だ。

 クリントン氏は、ビル・クリントン元大統領の妻で、上院議員を経て2008年大統領選に立候補。民主党内…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです