メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本勝之助商店

屋敷、見てもらい守る 国の登録有形文化財公開 海南 /和歌山

当時は珍しかった3階建ての主屋を見学する参加者ら=和歌山県海南市阪井で、稲生陽撮影

 2007年に国の登録有形文化財に指定された海南市阪井の「山本勝之助商店」で4日、主屋などの屋敷内が一般公開された。09年から毎年2回ずつ公開しており、今回は市内外から約30人が見学に訪れた。

 山本勝之助は明治〜昭和期の豪商。周辺でも最も早く山椒(さんしょう)やシュロ製品を販売し、現在でも当時と同じ「かねいち」の屋号で子孫らが山椒やシュロのほうきなどを扱っている…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです