メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本勝之助商店

屋敷、見てもらい守る 国の登録有形文化財公開 海南 /和歌山

当時は珍しかった3階建ての主屋を見学する参加者ら=和歌山県海南市阪井で、稲生陽撮影

 2007年に国の登録有形文化財に指定された海南市阪井の「山本勝之助商店」で4日、主屋などの屋敷内が一般公開された。09年から毎年2回ずつ公開しており、今回は市内外から約30人が見学に訪れた。

 山本勝之助は明治〜昭和期の豪商。周辺でも最も早く山椒(さんしょう)やシュロ製品を販売し、現在でも当時と同じ「かねいち」の屋号で子孫らが山椒やシュロのほうきなどを扱っている…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです