メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多発性硬化症

抑える細胞、マウスの腸内に確認 精神・神経センター

 手足のまひなどが起きる難病「多発性硬化症」の原因となる中枢神経の炎症を、腸内にある免疫細胞が抑えることをマウス実験で確認したと、国立精神・神経医療研究センターの山村隆・免疫研究部長(神経免疫学)らのチームが英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。人の腸にもこの免疫細胞が存在すると考えられ、予防・治療法の開発につながる可能性があるという。

 山村部長らのこれまでの研究で、多発性硬化症の患者は健常者と比べ、腸内細菌の種類が偏っていることが分…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです