特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

クリントン氏、指名確実…「民主過半数」報道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
予備選を翌日に控え、支持を訴えるヒラリー・クリントン前国務長官=米ロサンゼルス近郊で2016年6月6日、長野宏美撮影
予備選を翌日に控え、支持を訴えるヒラリー・クリントン前国務長官=米ロサンゼルス近郊で2016年6月6日、長野宏美撮影

 【ニューヨーク西田進一郎】米大統領選に向けた民主党候補指名争いで、米CNNテレビなどは6日夜、予備選・党員集会の結果に拘束される一般代議員と拘束されない特別代議員を独自集計した結果として、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が指名獲得に必要な代議員の過半数2383人を超えたと報じた。指名されれば、民主、共和の2大政党で女性の指名候補は初めてになる。

 民主、共和両党は7月にそれぞれ党大会を開き、民主党はクリントン氏、共和党は実業家のドナルド・トランプ氏(69)を正式に党候補に指名する。このほか、小政党「リバタリアン党」からゲーリー・ジョンソン元ニューメキシコ州知事(63)が立候補する見通し。クリントン氏は11月8日の大統領選で、米国初の女性大統領誕生を目指し、トランプ氏らと戦う。

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1522文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集