特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

有権者、好き嫌いは二分…クリントン氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美】「彼女ほど賢く、経験豊富な人はいない」「うそつきで信頼できない」。女性初の大統領に一歩近づいたヒラリー・クリントン前国務長官(68)は、米国では好き嫌いがはっきり分かれる。

 弁護士でもある「働くファーストレディー」で、大統領の妻でありながら上院議員に当選。数々の「初」を実現してきた。言動が「高慢だ」と批判を浴びるが、「開拓者だ」とも称賛される。

 2008年の大統領選では、民主党の指名争いで初の黒人大統領を目指すオバマ氏に惜敗した。クリントン氏は撤退演説でこう語った。「一番高く、最も硬いガラスの天井は打ち砕けなかったが、1800万のひびを入れた」。女性の昇進を阻む障壁に、自分が得た1800万票の支持で風穴を開けた自負を示した。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文609文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集