メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両親殺害

2審も無罪…東京高裁、裁判員判断を支持

 埼玉県熊谷市で同居していた両親を殺害し、自宅に放火したとして、殺人と非現住建造物等放火の罪に問われた長男の羽鳥浩一被告(44)の控訴審判決で、東京高裁は7日、無罪とした裁判員裁判の1審・さいたま地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。朝山芳史裁判長は心中の可能性を指摘した1審の判断を否定し、両親は殺害されたと認定する一方、「被告を犯人とは言いきれない」と述べた。

 検察側は携帯電話の通信履歴などを根拠に、出火前後に自宅周辺にいた被告が事件に関与したとして無期懲役…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです