メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議会

「第三者の目線で厳しく調査」…舛添知事が強調

舛添要一東京都知事=小川昌宏撮影

 東京都議会第2回定例会の代表質問が7日午後始まり、舛添要一知事は政治資金の支出などで「公私混同」を指摘されている問題について答弁した。6日に発表した弁護士による調査報告書について「第三者の目線で厳しく調査され、信頼性は確保されている」と強調した。

 代表質問で、最初に登壇した都議会自民党の神林茂議員は「都民は怒っている。せこすぎるとの声がある。調査結果は出たが、説明責任を果たしたとは言えない」と追及した。

 答弁した舛添知事は調査について「元検事の弁護士に関係資料を提出して調査してもらった」と述べた。千葉…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです