キリシタン大名

高山右近生涯に国内外関心 大阪で式典へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府高槻市の城跡公園にある高山右近のブロンズ像=2016年4月17日午前6時1分、福島良典撮影
大阪府高槻市の城跡公園にある高山右近のブロンズ像=2016年4月17日午前6時1分、福島良典撮影

 【ローマ福島良典】江戸時代に国外追放されたキリシタン大名、高山右近(1552年ごろ〜1615年)をキリスト教カトリックの崇敬対象「福者」とたたえる式典が来年2月にも大阪で開かれる見通しだ。式典を控え、右近ゆかりの地では信徒による勉強会が開催され、イタリアでは足跡をたどるドキュメンタリー映画が製作された。地位や財産を捨て、信仰に殉じた右近の生涯への関心が内外で高まっている。

 安土桃山時代に右近が12年間、城主を務めた大阪府高槻市。カトリック高槻教会では信徒が今年4月から右近の生涯と信仰について学ぶ連続講座を開いている。講師は高槻市の岡本稔さん(70)と茨木市の中田和夫さん(74)。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1391文字)

あわせて読みたい

ニュース特集