熊本地震

屋根修理中の転落相次ぐ 業者1年待ちで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
瓦が落ちるなど屋根が損壊しブルーシートがかけられた住宅が建ち並ぶ集落=熊本県益城町で2016年6月6日、宮間俊樹撮影
瓦が落ちるなど屋根が損壊しブルーシートがかけられた住宅が建ち並ぶ集落=熊本県益城町で2016年6月6日、宮間俊樹撮影

 熊本地震で被災した自宅の修理中に、屋根などから転落する事故が相次いでいる。需要が急増し、業者に修理を依頼しても「1年待ち」の状態。住民が自ら作業するケースが増えており、被害の拡大が懸念される。

 熊本赤十字病院(熊本市東区)によると、前震翌日の4月15日〜今月3日、屋根や脚立などから転落して治療を受けた人は44人。うち25人は骨折などの重傷を負い入院した。屋根にブルーシートをかけたり、張り替えたりした際の事故が多いといい、病院の担当者は「梅雨入りしており、雨の中の作業は滑りやすく特に危険。頭部外傷など一生引きずる、重大なけがにつなが…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

あわせて読みたい

注目の特集