人工知能

学会が倫理綱領作成へ たたき台示す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工知能学会の倫理委員会委員ら。左から2番目が委員長の松尾豊東大准教授=2016年6月6日、岡礼子撮影
人工知能学会の倫理委員会委員ら。左から2番目が委員長の松尾豊東大准教授=2016年6月6日、岡礼子撮影

 車の自動運転や囲碁ソフト「アルファ碁」など人工知能が急速に進歩して社会に及ぼす影響が大きくなりつつある中、人工知能の研究を有益なものにしようと人工知能学会の倫理委員会は6日、同学会の全国大会で公開討論会を開いて研究者が守るべき倫理綱領の素案を示した。半年後をめどにまとめる予定。委員らは大筋で賛成の意見を寄せた一方で、内容については学会員らから意見を募り、さらに議論を深めていく考えだ。

 素案によると、倫理綱領は人工知能の研究者を対象とし、「人工知能の研究開発が社会に有益なものになるために良識に従って倫理的に行動すべきだ」とする序文を掲げて、人類への貢献▽公正さを持つ▽法規制の尊重▽他者に危害を加える意図で利用しない▽他者のプライバシー尊重▽悪用を発見した場合の防止措置−−など10項目を提示している。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文982文字)

あわせて読みたい

注目の特集