メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マチネの終わりに

40代危機の乗り越え方 大江千里さんと平野啓一郎さん対談

 ミュージシャンの大江千里さん(55)と小説家の平野啓一郎さん(40)の著書の刊行を記念した対談イベントが5日、青山ブックセンター本店(渋谷区神宮前)で行われた。20代から第一線で活躍する2人が、「音楽と小説と、クリエイターにとっての40代」というテーマで、創作への新たな取り組み、キャリアの築き方について語った。

 平野さんは最新作「マチネの終わりに」(毎日新聞出版)で、40歳を目前に本気の恋をし、スランプにもがき苦しむ天才クラシックギタリストを主人公に据えた。その理由について平野さんはまず、「過去を振り返っても、40代で迷走したり、実験的な試みをしたりした文学者やアーティストはわりと多い」とした上で、次のように述べた。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです