メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マチネの終わりに

40代危機の乗り越え方 大江千里さんと平野啓一郎さん対談

 ミュージシャンの大江千里さん(55)と小説家の平野啓一郎さん(40)の著書の刊行を記念した対談イベントが5日、青山ブックセンター本店(渋谷区神宮前)で行われた。20代から第一線で活躍する2人が、「音楽と小説と、クリエイターにとっての40代」というテーマで、創作への新たな取り組み、キャリアの築き方について語った。

 平野さんは最新作「マチネの終わりに」(毎日新聞出版)で、40歳を目前に本気の恋をし、スランプにもがき苦しむ天才クラシックギタリストを主人公に据えた。その理由について平野さんはまず、「過去を振り返っても、40代で迷走したり、実験的な試みをしたりした文学者やアーティストはわりと多い」とした上で、次のように述べた。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです