連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

食品の自主回収って?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
食品の自主回収って?の巻
食品の自主回収って?の巻

健康被害の恐れはないのに…過剰反応が無駄なロスを招く?

どんなに気を付けても異物の混入は起こり得ます。
自主回収される食品の話はよく聞きますね。
農林水産消費安全技術センターによると2014年度は1000件を超えたそうです。

自主回収とは事業者の判断で商品を回収することです。
法令に基づく命令や行政指導ではないですし、標準的な判断基準もありません。
どんなに気を付けても異物の混入は起こり得ます。 自主回収される食品の話はよく聞きますね。 農林水産消費安全技術センターによると2014年度は1000件を超えたそうです。 自主回収とは事業者の判断で商品を回収することです。 法令に基づく命令や行政指導ではないですし、標準的な判断基準もありません。
しかし自主回収した場合、報告を義務化した条例を持つ自治体もあります。
事業者が自主回収を決定し、その着手を行政に報告。
そしてその情報を県庁がホームページなどを通して県民に公表し、自主回収が終了したら終了報告を事業者が行政にするという流れです。

これに対して法令の対象であるものがリコール(回収命令)です。
食品なら「食品衛生法」が適用されます。
カビや腐敗、異物混入などは保健所が検査しています。
命令に違反した場合、罰金などの厳しい罰則があります。
しかし自主回収した場合、報告を義務化した条例を持つ自治体もあります。 事業者が自主回収を決定し、その着手を行政に報告。 そしてその情報を県庁がホームページなどを通して県民に公表し、自主回収が終了したら終了報告を事業者が行政にするという流れです。 これに対して法令の対象であるものがリコール(回収命令)です。 食品なら「食品衛生法」が適用されます。 カビや腐敗、異物混入などは保健所が検査しています。 命令に違反した場合、罰金などの厳しい罰則があります。
よく聞くのは食中毒などを引き起こす恐れのある細菌が検出される例ですね。
14年末には即席麺「ペヤング」を製造する、まるか食品が全商品を自主回収し販売休止しました。
麺の中に虫が入っていたと消費者が写真付きでツイッターに投稿したことが発端でした。
虫や金属などの異物混入は近年全国で年2000件前後の相談があるそうです。
自主回収は食品偽装が相次いだ07年から急増しています。
よく聞くのは食中毒などを引き起こす恐れのある細菌が検出される例ですね。 14年末には即席麺「ペヤング」を製造する、まるか食品が全商品を自主回収し販売休止しました。 麺の中に虫が入っていたと消費者が写真付きでツイッターに投稿したことが発端でした。 虫や金属などの異物混入は近年全国で年2000件前後の相談があるそうです。 自主回収は食品偽装が相次いだ07年から急増しています。
ソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)を通じて消費者が情報を発信しやすく、インターネット上ですぐ拡散してしまいます。
メディアも取り上げるため、企業や保健所には苦情も多く寄せられ対応に苦慮しているようです。

2014年度に起きた1014件の自主回収の理由は、農林水産消費安全技術センターによると
表示不適切47%
規格・基準不適合12%
品質不良13%
異物混入15%
容器包装不良3%
その他10%

健康被害には直接結びつかない原因が大部分を占めています。

食品ロスが問題になる中、ガイドラインが必要かもしれません。
ソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)を通じて消費者が情報を発信しやすく、インターネット上ですぐ拡散してしまいます。 メディアも取り上げるため、企業や保健所には苦情も多く寄せられ対応に苦慮しているようです。 2014年度に起きた1014件の自主回収の理由は、農林水産消費安全技術センターによると 表示不適切47% 規格・基準不適合12% 品質不良13% 異物混入15% 容器包装不良3% その他10% 健康被害には直接結びつかない原因が大部分を占めています。 食品ロスが問題になる中、ガイドラインが必要かもしれません。

あわせて読みたい

注目の特集