メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇づくし

別役実物語 地域と方言の力への開眼

1995年1月、ピッコロシアターで舞台「風の中の街」のけいこを見る別役実(前列左端)と演出の藤原新平(同中央)。後列左端は当時ピッコロ劇団代表の秋浜悟史

 別役が育った旧満州(現中国東北部)で使われていた日本語は「一番平均的な標準語」。敗戦で日本列島に引き揚げた別役は故郷を失い、残ったのは無味乾燥な言葉だけだった。劇団自由舞台の先輩である秋浜悟史や同年代の清水邦夫らの劇作家は地域性豊かなせりふを駆使したが、別役はそうした土着の言葉を持たなかった。

 デビュー時、重鎮の劇作家、田中千禾夫(ちかお)から「別役の舞台は無調音で、調べがない」と指摘された。だが、登場人物の背景から意味を消し去る不条理劇には、むしろ無味乾燥な言語がはまった。

 時代も味方する。「1960年代から80年ごろにかけて、言葉はどんどん日常用語になっていった。自分の内部から言葉を紡ぎ出す必要はなくなり、その辺にある用語を当てはめればよくなった」と振り返る。高度経済成長下では、言語も統一化され、無駄な装飾を省いたせりふが受け入れられた。だが、その後、地域に根ざした言葉が見直される。東京のテレビ番組で関西弁が流れるようになった。こうした時代の変化を敏感に感じていた…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです