足立区

一人親家庭をサロンで支援 月2回 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 孤立しがちな一人親家庭を支援しようと、足立区は7月から、一人親を対象にした「サロン豆の木」を月2回開くと発表した。サロンに気軽に参加してもらうことで、区職員に相談しやすい環境を作ると共に、一人親同士の交流を深める狙いもある。

 区親子支援課によると、区内の一人親のうち児童育成手当を受給しているのは約8000世帯。昨年、区役所などで手続きを…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集