メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/8 「一緒に生きていきましょうよ」 自殺予防、未遂者支援のカフェ表彰 /香川

「ヒューマン大賞」を受賞し表彰される石倉さん=京都市内のホテルで2016年6月3日、玉木達也撮影

 「私たちのような活動が、こんな晴れやかな場所に出ることはほとんどない。私たちだけでなく、全国で同じような取り組みをしている団体の大きな励みになる」

 公益財団法人「京都オムロン地域協力基金」(京都市)が広く社会貢献活動を行い顕著な功績のあった、京都と関わりのある個人を顕彰する「ヒューマン大賞」。31回目となる今年、自死遺族をサポートする「こころのカフェ きょうと」代表の石倉紘子さん(72)が受賞者の一人として選ばれ、今月3日、京都市内のホテルで表彰された。

 2006年2月、「こころのカフェ きょうと」を設立。遺族同士が悩みや苦しみなどを安心して語り合える会を月に2回、開催するなど、自殺予防や未遂者支援に真摯(しんし)に向き合っていることが高く評価された。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです