メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

クリントン氏指名確実 余裕なき「勝者」 オバマ氏、支持へ

 【ワシントン会川晴之】米大統領選は7日、西部カリフォルニア州など6州で、民主・共和両党の予備選・党員集会が始まった。民主党の候補指名争いは6日、CNNテレビなどの独自集計でヒラリー・クリントン前国務長官(68)の指名が確実となっている。クリントン氏は今回、バーニー・サンダース上院議員(74)に対し決定的な勝利を収められなければ、11月8日に投開票される本選にも悪影響が出かねず、「勝者」の余裕はない。オバマ大統領は7日の結果を待ってクリントン氏支持を表明し、民主党の基盤強化を図る意向だ。

 本選は、民主党のクリントン氏と共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)で争われる構図だ。2人合わ…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです