メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 両者、支持拡大に壁 焦点は副大統領候補

【左】ドナルド・トランプ氏=AP【右】ヒラリー・クリントン氏=ロイター

 【ニューヨーク國枝すみれ、西田進一郎】11月の米大統領選は、民主党のヒラリー・クリントン前米国務長官(68)と、共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)の一騎打ちの構図となった。両氏とも本選で勝利するには、さらに支持を拡大する必要があるが、ハードルは高い。いずれも「史上もっとも不人気な候補」(米メディア)だからだ。今後は弱点を補い、本選を一緒に戦う「ランニングメート」と呼ばれる副大統領候補の選択が重要になってくる。

 クリントン氏の主な支持層は女性や黒人、中南米系住民らマイノリティー(人種的少数派)だ。一方で予備選…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです