メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

臼杵尚志さん=夏山診療所40年目を迎える

臼杵尚志(うすき・ひさし)さん(61)

 夏山での負傷者を手当てする夏期山岳診療所。学生時代から携わる北アルプス診療所でのボランティア活動は、今夏で40年目を迎える。機器も薬も満足にない環境だが、「診療できないという言葉は医師にない。最善を尽くすだけだ」と語る。

 富山・長野・岐阜3県の県境にある標高2550メートルの三俣(みつまた)診療所は7月下旬から約1カ月間開設され、医師1人が4〜5日交代で看護師や学生とともにつめる。活動は4年前に「サマーレスキュー」(TBS系)としてドラマ化され、自身もモデルになった。

 滑落し、頭部にけがをした登山者から、往診を求められたことがあった。雨で救助ヘリは飛べず、登山道で一…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです