メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イチからオシえて

光化学スモッグ再び懸念 日差し強く風弱い日に目がチカチカ

光化学スモッグとは

 高度経済成長期に深刻化し、都市型公害の代表例とされた光化学スモッグ。1970年代後半以降は大気汚染対策が進み、健康被害は大幅に減ったが、原因となる光化学オキシダント濃度は80年代半ばから再び増加に転じた。気温が上がるこれからの季節は特に注意が必要だ。

 ●主成分はオゾン

 気温が高く、日差しが強くて風が弱い日。屋外で目がちかちかしたり、のどが痛くなったりすることがあったら、光化学スモッグが原因かもしれない。

 国立環境研究所大気環境モデリング研究室の永島達也主任研究員によると、光化学オキシダントの主成分はオ…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1033文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです