メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 光化学スモッグ再び懸念 国際協力機構(JICA)地球環境部調査役・大塚高弘さん

 日本では高度経済成長期以降、大気汚染対策が進みましたが、途上国では今まさに取り組み始めたところも少なくありません。例えば、モンゴルの首都ウランバートルでは暖房に石炭を使うため冬の汚染がひどく、粒子状物質やNOxなどが同国の環境基準を超えています。

 JICAでは2010年から同国で人材育成などの支援…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです