特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

民主指名争い、クリントン氏が勝利宣言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美、ニューヨーク國枝すみれ】米大統領選で民主党候補の指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官(68)は7日夜(日本時間8日午前)、地元ニューヨークで支持者を前に演説し、「みなさんのおかげで、私たちは歴史的な節目に達した。米国史上、女性が初めて主要政党で指名候補になる」と、2月に始まった指名争いでの勝利を宣言した。7月の党大会で正式に指名される。

 クリントン氏は、「私たちは傷つけ合うのではなく、共に協力し合うべきだ」と11月の本選に向けた党の結束を呼びかけた。米国では女性の進出を阻む「ガラスの天井」があるとされるが、クリントン氏は「障壁は取り除ける。すべての人にとって(ガラスの)天井や限界がないことを示す選挙戦だ」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文835文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集