メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哲学者

西田幾多郎の旧居解体 一部、京大などで保管

解体工事が始まった、西田幾多郎が暮らした民家=京都市左京区で2016年6月8日午前9時23分、小松雄介撮影

 日本を代表する哲学者、西田幾多郎(1870〜1945年)が約10年間暮らした京都市左京区の民家の解体工事が8日、始まった。マンション建設のためで、西田が原稿を書いた書斎や、考えがまとまらなかった時に何度も往復した廊下は、京都大総合博物館(同区)などで保管される。一般公開も検討する。

 西田は出身地の石川県で旧制第四高等学校の講師などをした後、1910年に京都帝国大学(現京都大)に赴任し、退職までの約20年間を京都で暮らした。歩きながら思索にふけることで知られ、晩年の散歩コースだった…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです