弾劾裁判所

元地裁判事の資格回復 ストーカー違反で罷免

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2008年にストーカー規制法違反で有罪が確定し、罷免された下山芳晴・元宇都宮地裁判事(63)について、国会の裁判官弾劾裁判所(裁判長・吉田博美参院議員)は8日、資格回復の決定をしたと発表した。決定は5月17日付。罷免された元裁判官による資格回復請求は今回を含めて8件あり、認められたのは1986年以来30年ぶり4件目。下山元判事は弁護士登録を希望している。

 下山元判事は、部下の女性に性的表現を含むメールを繰り返し送ったとして懲役6月、執行猶予2年の判決が確定。弾劾裁判所が08年12月、「裁判官としての威信を著しく失う行為」として罷免を言い渡し、法曹資格を失った。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集