特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

民主、共和 本選は「不人気対決」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】ドナルド・トランプ氏=AP【右】ヒラリー・クリントン氏=ロイター
【左】ドナルド・トランプ氏=AP【右】ヒラリー・クリントン氏=ロイター

 【ニューヨーク國枝すみれ、西田進一郎】11月の米大統領選は、民主党のヒラリー・クリントン前米国務長官(68)と、共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)の一騎打ちの構図となった。両氏とも本選で勝利するには、さらに支持を拡大する必要があるが、ハードルは高い。いずれも「史上もっとも不人気な候補」(米メディア)だからだ。今後は弱点を補い、本選を一緒に戦う「ランニングメート」と呼ばれる副大統領候補の選択が重要になってくる。

 クリントン氏の主な支持層は女性や黒人、中南米系住民らマイノリティー(人種的少数派)だ。一方で予備選では、白人の労働者層や若者を引きつけることができずに苦戦した州もあった。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1243文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集