特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

クリントン氏指名確実 余裕なき「勝者」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

カリフォルニアなど6州で予備選・党員集会

 【ワシントン会川晴之】米大統領選は7日、西部カリフォルニア州など6州で、民主・共和両党の予備選・党員集会が始まった。民主党の候補指名争いは6日、CNNテレビなどの独自集計でヒラリー・クリントン前国務長官(68)の指名が確実となっている。クリントン氏は今回、バーニー・サンダース上院議員(74)に対し決定的な勝利を収められなければ、11月8日に投開票される本選にも悪影響が出かねず、「勝者」の余裕はない。オバマ大統領は7日の結果を待ってクリントン氏支持を表明し、民主党の基盤強化を図る意向だ。

 本選は、民主党のクリントン氏と共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)で争われる構図だ。2人合わせた年齢は投票日時点で139歳で、1984年大統領選の共和党レーガン氏(当時73歳)と民主党モンデール氏(当時56歳)など過去2回あった計129歳を抜き、史上最高だ。主要政党の大統領候補が女性に確定したのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文872文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集