北海道男児保護

しつけ・虐待 境界はどこに 識者に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
明橋大二さん
明橋大二さん

 北海道で「しつけ」と称して山に置き去りにされた小学2年生の男児は、6日ぶりに無事保護された。一方で、北海道警は、今回の件を「精神的虐待を受けた可能性がある」として児童相談所に通告している。しつけはどこまで許され、虐待との境界はどこにあるのか。子どもの困った振る舞いに、親はどう接すればいいのか。識者に聞いた。【聞き手・上東麻子、銅山智子】

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1693文字)

あわせて読みたい

注目の特集