ウィンドウズ10更新

政府答弁書「回答は困難」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
更新の日時が指定されたメッセージ画面
更新の日時が指定されたメッセージ画面

 マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」をめぐり、利用者から「強制更新」への苦情が相次いでいる問題で、政府は7日の閣議で、「(その是非を)答えることは困難」との答弁書を決定した。藤末健三参院議員(民進党)の質問主意書に答えた。

 藤末氏は、国民生活センターなどに寄せられた苦情の内容や件数を調査し、公表すべきではないか▽パソコンのソフトウエアを利用者が意識しないところで事業者が勝手に書き換えることは法的に問題ないか−−などとただした…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

ニュース特集