メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイガモ農法

松阪の奥村さんが挑戦 「有機栽培の成果も見定めたい」 /三重

コシヒカリを栽培する水田にアイガモを放ち、新たな米作りに挑戦する奥村さん=松阪市曲町で

 農薬を使わない安全でおいしい米作りを目指し、松阪市曲町の庭園業、奥村茂さん(65)が、今年から30アールの水田に55羽のアイガモを放ち、雑草などを食べさせるアイガモ農法を始めた。放鳥後の成果は順調で、奥村さんは「8月にはアイガモたちの手伝いが入った、ひと味違うコシヒカリを作ってみせる」と意欲的だ。

 奥村さんは東京で長年、茶販売を続け、15年前に古里にUターンし庭園業を始めた。「幼い頃から何事にもこだわりを持つ性格」と言い、同時に始めた米作りにも努力を惜しまなかった。農薬は一切用いず、手押し式の草取り機で除草。…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです