メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添都知事

「公私混同」問題 集中審議へ 13日で調整 都議会総務委

 東京都の舛添要一知事の政治資金支出などを巡る「公私混同」問題で、都議会最大会派の自民は8日、代表・一般質問での舛添氏の答弁を受け、総務委員会での集中審議開催を求めることを決めた。他会派も同調する見込みで、9日の総務委員会理事会で決定される。舛添氏は8日の一般質問終了後、問題の責任を取って自身の給与を減額する意向を都議会側に伝えた。

 舛添氏は一般質問で、7日の代表質問に続き、政治資金の私的流用疑惑について調査した元検事の弁護士による報告書に沿った答弁に終始した。代表・一般質問は8日で終了したが、各会派は舛添氏の姿勢に対し「説明責任を果たしていない」と一斉に反発。都議会民進(旧民主系)などが求めていた集中審議について、知事与党の自民も開催に賛同する方針を決めた。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した74歳を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「グリー」出演女優の遺体を発見 米西部の湖で不明に 乗っていたボートには息子だけ

  5. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです