メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

重江良樹さん=ドキュメンタリー映画を初監督した

重江良樹さん=内藤絵美撮影

重江良樹(しげえ・よしき)さん(31)

 初作品は「さとにきたらええやん」。大阪・釜ケ崎の児童施設「こどもの里」(さと)に7年間通い、虐待や障害など生きづらさを抱えた子どもと親、そして彼らを全力で支える職員に密着した。

 8年前、夜間の映画学校の卒業制作のテーマを求めて釜ケ崎を歩いていて偶然、地域の子どもの遊び場兼駆け込み寺のような「さと」の存在を知った。子どもたちと野球やサッカーに興じたら「今度いつ来る?」とキラキラした目で問われた。「求められるのがうれしくて、ボランティアとして遊びに行くようになりました」

 最初は映画を撮るつもりなどなかった。しかし「さと」が大阪市の補助金減額問題に揺れ、職員らが必死に反…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです