メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母と乳

第3部 生後のリスク 反響特集 「お弁当理論、根拠ない」

長男と一緒に本を読む女性=横浜市で、五味香織撮影

 <母と乳(ちち)>

 出産直後の母乳不足や、母親が疲弊している状態での母乳育児を考えた連載「母と乳」第3部(4月14〜16日)に、意見や体験談など多くの反響をいただきました。その一部を紹介します。

 連載は、出産直後に母乳が思うように出なかった母親たちが登場した。多くは、助産師らに「赤ちゃんは3日分のお弁当を持って生まれてくるから大丈夫」と言われ、昼夜を問わず授乳するよう指導された。新生児は数日分の水分やエネルギー源を蓄えているため、母乳が少なくても耐えられるという意味だが、母乳不足による脱水などで低血糖に陥ったケースもあった。

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文1848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです