マタハラ

相談が過去最多 15年に厳格対応通知したが…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 結婚や出産、育児に関連して退職強要や降格など不当な扱いを受けたとする労働者からの相談が2015年度に4269件に上り、過去最多だったことが厚生労働省のまとめで分かった。「マタニティーハラスメント」が社会的関心を集めたことが相談の増加につながったとみられる。

 全国の労働局に15年度に寄せられた経営者、労働者からの相談件数をまとめた。総件数は8万4210件で、14年度より13%減ったが、うち労働者からの相談は2万6368件で5%増えていた。

 結婚や妊娠、出産を巡り不利益な扱いを受けた労働者からの相談は2650件で14年度に比べ17.7%増。育児休業に関して不当な扱いを受けたとの相談は1619件で14年度比20.8%増だった。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集