メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ダンスクラブ事件

「風俗営業に当たらず」無罪確定へ

 客にダンスをさせるクラブを無許可で営業したとして、風俗営業法違反に問われたクラブ「NOON(ヌーン)」(大阪市北区)の元経営者、金光正年(かねみつ・まさとし)被告(53)の上告審で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は7日付で検察側の上告を棄却する決定を出した。クラブは風俗営業に当たらず風営法の対象外として被告を無罪とした1、2審判決が確定する。

 金光被告は2012年4月、大阪府公安委員会から風営法の営業許可を受けずにヌーンを経営し、夜間に客にダンスや飲酒をさせたとして起訴された。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです