大阪ダンスクラブ事件

「風俗営業に当たらず」無罪確定へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

ダンスさせるクラブを無許可営業で風俗営業法違反

 客にダンスをさせるクラブを無許可で営業したとして、風俗営業法違反に問われたクラブ「NOON(ヌーン)」(大阪市北区)の元経営者、金光正年(かねみつ・まさとし)被告(53)の上告審で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は7日付で検察側の上告を棄却する決定を出した。クラブは風俗営業に当たらず風営法の対象外として被告を無罪とした1、2審判決…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集