メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スズキ

閉鎖的社風の改革図る 集団指導、成否は見通せず

 スズキは燃費データ不正計測に伴う経営責任を明確化するとして8日、38年間経営トップに君臨してきた鈴木修会長兼最高経営責任者(CEO、86歳)がCEO職を返上し、修会長のトップダウン経営から集団指導体制に移行すると表明した。。今回の問題で販売が急減している中、早期の幕引きを図るのが狙いとみられるが、不正を引き起こした閉鎖的な社内体質を改革できるかは未知数だ。【宮島寛、浜中慎哉】

 「一人で何でもかんでもやっているといろんな問題が出てくる。組織が大きくなった結果がこの状況ですから…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです