特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

本選へ団結目指す…クリントン氏指名勝利宣言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美】米大統領選の民主党予備選は7日、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が地元ニューヨークで勝利宣言し、今年2月から4カ月に及んだ党候補指名争いを事実上、決着させた。クリントン氏は「私たちは歴史の新たな章を書いている」と述べ、米史上初の女性大統領を目指す決意を改めて表明。共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)との対決が確実な11月の本選に向けた態勢作りを急ぐ。

 ホワイトハウスによると、オバマ大統領は7日夜、クリントン氏に電話し、勝利を祝福。オバマ氏はレースを継続しているバーニー・サンダース上院議員(74)にも電話で「数百万人の米国人を活気づけた」と謝意を伝えた。オバマ氏は党内融和を目指し、9日にサンダース氏と会談する。ペロシ元下院議長も7日にクリントン氏に支持を表明。本選を見据えた党内団結の動きが進んでいる。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文786文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集