メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

憲法に緊急事態条項、必要か

イラスト・藤井龍二

基本的人権など国の根本ルールも、政府が停止できるようになる

 7月の参議院選挙を前に、憲法を改正すべきかどうかの議論が活発化しています。憲法は103条からなり、国民が国の進む方向を決める「国民主権」、戦争をしない「平和主義」、個人が理由なく拘束されたり強制的に働かされたりしない「基本的人権」など国の根本ルールを定めたものです。議論のテーマはたくさんありますが、いま注目されているのが「緊急事態条項」を新しく設けるかどうかです。

 緊急事態条項は、東日本大震災のような大災害が起きたり、他国が攻めてきたりという非常時に、政府に強い…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1215文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです