メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

憲法に緊急事態条項、必要か

イラスト・藤井龍二

基本的人権など国の根本ルールも、政府が停止できるようになる

 7月の参議院選挙を前に、憲法を改正すべきかどうかの議論が活発化しています。憲法は103条からなり、国民が国の進む方向を決める「国民主権」、戦争をしない「平和主義」、個人が理由なく拘束されたり強制的に働かされたりしない「基本的人権」など国の根本ルールを定めたものです。議論のテーマはたくさんありますが、いま注目されているのが「緊急事態条項」を新しく設けるかどうかです。

 緊急事態条項は、東日本大震災のような大災害が起きたり、他国が攻めてきたりという非常時に、政府に強い…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1215文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです