メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 民主・サンダース氏撤退せず 自らの政策実現狙う

支持者の声に応えるサンダース上院議員(左)と妻ジェーンさん=首都ワシントンで2016年6月9日、西田進一郎撮影

 【ロサンゼルス長野宏美、ワシントン西田進一郎】米大統領選の民主党予備選での敗北が事実上決まったバーニー・サンダース上院議員(74)は9日、ホワイトハウスでオバマ大統領と会談した後に声明を発表し、選挙戦の継続を改めて強調した。「政治革命」に共鳴する若者らの熱気は冷めておらず、サンダース氏は選挙戦で盛り上がった「ムーブメント(運動)」を通じ、自らの政策の実現を狙っている。

 「本当の変革は決してトップダウン(上意下達)では起こらない。常にボトムアップ(下意上達)で起こるの…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです