メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クリケット

昭島市が「まちおこし」で取り組み強化 全小学校で授業/3中学合同創部 /東京

イギリスの名門クラブチームのメンバーから指導を受ける児童ら=昭島市立拝島第2小で2014年、岡礼子撮影

 「クリケットのまち」を掲げる昭島市は、4月から市内の全小学校の体育の授業にクリケットを取り入れた。中学校でも3校合同のクリケットクラブを創設するなど、取り組みを強化した。クリケットを通じて、子供たちに運動と国際交流への関心を高めてもらうとともに「まちおこし」も狙う。

 クリケットは、野球の原形とも言われる球技。攻守に分かれ、投手が投げた球を打者が打つ。イギリスやオーストラリア、インドなどイギリスと関係の深い国で盛んで、プロリーグもある。

 昭島市では海外交流事業として毎年、オーストラリアのパース市に中学生を派遣している。そこでクリケット…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです