JR東海道線

磐田新駅、あす着工 袋井−磐田間 請願採択から30年 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新駅設置場所
新駅設置場所

 JR東海道線・袋井−磐田駅間の磐田市鎌田地区に2019年度末開業をめざす新駅の起工式が11日午前10時から行われる。請願採択から約30年後の本格着工。渡部修市長やJR東海関係者らが出席して駅舎と南北自由通路の着工を祝う。

 新駅は自治体などの要望で設置される、いわゆる請願駅。1987年に市東部4地区住民7455人の新駅設置請願を市議会が採択して本格的な取り組みがスタートした。

 鎌田地区の区画整理事業の遅れなどから計画は滞っていたが、周辺の開発が進んで一定の利用客が見込める状況になり、14年4月に市とJR東海の整備基本協定が結ばれた。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集