メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市

指定避難所にWi−Fi 市民センター7カ所に設置 /福岡

 北九州市が地震や洪水などの災害に備え、地域防災計画で指定避難所(予定避難所)に定められている各区の市民センター7カ所に無料の公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」スポットを設置することが分かった。インターネットに接続できるWi−Fiスポットは緊急時の通信手段として期待されており、市民に日常的な利用を促すことで防災意識の向上を図る。10日にも運用を始める。

 熊本地震では発生直後から電話回線が混線し、被災地は一時的に通話しにくい状況になった。一方、インター…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです