メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦い

アラブの春5年・第3部/1 希望見えぬ「偏向」 政府干渉、記者が疑念

カタールの首都ドーハで、取材に応じるアルジャジーラ英語放送の電子版責任者、イマド・ナイフ・ムーサさん=2月21日、秋山信一撮影

アルジャジーラ、反体制に肩入れ

 2011年1月下旬、チュニジアの革命に続き、エジプトでも独裁政権への抗議デモが拡大していた。アラブの変動を世界に発信したのが、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラだった。デモの中心地だったカイロのタハリール広場に固定カメラを設置し、群衆の動きを常時追った。

 「我々も何が起きるか予期できなかった。ただ、現場で起きていることをありのままに映し続けた」。アルジャジーラ英語放送の電子版責任者、イマド・ナイフ・ムーサさん(46)は当時をそう振り返る。

 だが、同じ時期、南部ルクソール駐在記者だったハッガーグ・サラマさん(43)は局内の異変を感じ取って…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです