メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

被災状況、ドローンでつかめ

ドローンの動作確認をする中塚社長(左)=北海道福島町で、遠藤修平撮影

 災害時の小型無人機「ドローン」活用が急速に進む。人が入れない危険な現場で、素早い被害確認に威力を発揮している。

 ●鳥の視点で現場へ

 津軽海峡に面し、険しい断崖が海岸沿いに続く北海道福島町。落石や崩落で道路がしばしば通行止めになり、詳しい被害状況を確かめたくても作業員が地上から近づけないことも多いという。

 そこで地元の建設会社、中塚建設は2014年8月に動画撮影可能なドローンを導入した。その結果、比較的…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです